スウェージング加工のスペシャリスト 福井県福井市からスウェージング加工技術の最高峰を目指す 株式会社ジャロック

スウェージングとは

■スウェージングとは

 スウェージング加工とは、分割された金型が回転し、叩きながら丸棒やパイプ材の外径を絞っていく冷間鍛造加工です。株式会社ジャロックではCNC(コンピュータ数値制御)により寸法調整や金型段取りが容易で精度の高い製品を提供しています。チューブスプラインにおいては、パイプ材の中にスプラインの芯金(オス型)を入れた状態でスウェージング加工することで、内径にメス型のスプライン形状を作り出すことができます。
 切粉が出ず、製品歩留まりの向上や加工硬化により部品の強度が増すなどの利点もあり、今後様々な分野に広がっていくことが期待されます。



■塑性(そせい)加工とは

 切削や溶解することなく、材料に機械的な力を加えて変形させることによって、目的とする形状に加工することです。金属材料は塑性加工を行うことにより、強度をはじめとした機械的性質が改善されます。
 また、塑性加工は材料の無駄が少なく、加工速度が速いため、一般的にコストの点で切削加工より有利です。一般に他の加工方法より加工時間が短く、材料のロスが少ないため、工業製品の生産等に広く用いられています。塑性加工の種類として、 鍛造、金属プレス、圧延加工、押出加工、伸線加工、引き抜き加工、絞り加工などがあり、金属加工の重要な分野を占めています。

CNCスウェージングマシンについて

画像をクリックすると、別ウィンドウでアニメーション表示します。

株式会社JAROC(ジャロック) English CNCスウェージングマシンで世界トップレベルの技術を持つ株式会社ジャロックは、高精度の多角形加工や外径Φ1mm以下の細径加工、異径線加工で皆様の多様なニーズにお応えします。 ホーム 事業内容 会社概要 委託部品加工募集 お問い合わせ経営理念